2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2014.09.05 (Fri)

大分ズボ釣り

結構渋い一日でした!

9月1日

大分 政雄丸

結果
DCIM1040 (225x400)
鯛が主で
イサキはわずか5枚に終わりました

上手くいったときは
ダブルで釣れていましたので
棚をうまく合わせることが出来たら
多分良かったのですが・・・。

船長のいう棚と
釣れる棚が合わないことは良く有ります

しかし、船長のいう棚より
深くすることは

あまりお勧め出来ません

何故なら
魚の活性が悪くなるから

しかし
今日のような
二枚潮

船長のいう指示棚を
自分の仕掛けが達しているかは
分かりません

こういう時は
辛いです

小鯛が
中心でしたが
食べたら
旨かったッす!!

ズボ釣りのコツ
①船長の指示棚に確実に合わすこと!
これは
リールのメーターでは無く
ラインの色で合わせる

ほとんどのPEラインは
1メーター毎にマーキングがあります
これに忠実に合わせること
潮上で
深く入れる人がいると
その後ろの人は
全く食いません

潮下の人も
深く入れると
魚が底に集まり
釣れません

魚の活性が高いときは
そこまで慎重にする必要は有りませんが

あまり活性が良くないときは
ちょっとしたことで
釣果が違います

ズボつりは
共同作業です
船長の棚を守り
魚の活性をあげることが
全員の釣果につながります

②潮の流れで今の自分の釣れる棚を探す

船長の指示棚

たとえば40メーター

PEラインで
確実に釣れる棚に入っているか?

ラインの太さで抵抗が変わるので
必ずしも船長のいう棚で
合っているかは
未知数!

と言うことは
船長の指示棚から
自分の釣れる棚を探る必要があります

ここで
深くしすぎないこと
なるべく
浅く浅く探る
それでも食わなければ
少しずつ落とし込む

そして
船長のいう棚と
自分が釣れる棚を把握する
これが重要

でも
潮が変わっていくので

慎重に!

③こませ釣りは共同作業、一人だけ釣ろうと考えない

全員協力して
魚の活性をあげましょう!
とくに、②をあまり極端にしてしまうと
みんなが迷惑します
探りを入れるときは慎重に行なう
以上

 みんなで力を合わせて
 美味しい魚を
 沢山お土産に持って帰りましょう!!
スポンサーサイト
06:33  |  釣り  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pmc2001.blog87.fc2.com/tb.php/642-f2e9ea09

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。